嘗て散々言われて、我々の頭に刷り込まれてきた「悪夢の民主党政権」

このコロナ禍の中ではっきりしたことは、当時の民主党にしろ、今の自公にしろ、

日本の政治屋に、危機管理能力は無いということ。

当時の民主党政権の方が、まだ少しだけ国民目線を持っているのでマシだったと言える。

安倍・菅と続くこの長期に亘る自公政権では、「議論はしない・・質問には答えない」、「嘘は平気・・バレてもそのまま居直るか無視」、「隠蔽・資料書き換えは普通・・最近は早目の資料破棄」等々通常化し、これではまともな民主主義など行えるはずも無い。

これこそ「悪夢の自公政権」だ。

労働貴族化している顔色を窺って窺ってばかりいる立憲民主党も、だらしなくて信頼するにはイマイチ。

いっそのこと、ブレない日本共産党(敢えて、世界との違いを出すために日本を加えて)に、

一度政権を任せてみたらどうだろう。

そんなことも考えたくなってしまう最近のひどい状況である。

R

 

Last Post
Next Post
Topics
トピックがありません。
Related Posts
2020/04/07 15:05
2020/04/02 17:13
2020/03/24 17:41
2020/03/23 16:55
2020/03/16 18:02

コメント欄を読み込み中